生理の症状はピルで解決
生理の症状はピルで解決

生理不順が眠気の原因になる理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

居眠り生理痛や生理不順、PMSなど、女性特有の悩みがあるという人は多く、いらいらや頭痛、腹痛に腰痛など、生理のたびに悩まされているという人がたくさんいます。女性の体の中では、ホルモンの分泌が生理周期によって変化します。生理の前になると、女性ホルモンの分泌量が減ってきて、生理前の症状が出やすくなると言われています。生理前の女性ホルモンの低下は、夜間熟睡しにくくなるという現象が起きるため、昼間に眠くなりやすくなります。生理中に眠気がつらいという人は、女性ホルモンの分泌量に関係があると分かると気分が少し楽になるかもしれません。
生理不順で悩んでいる人の中には生理中だけではなく眠気が襲ってくる場合があるため、なぜ強い眠気に襲われてしまうのか不安になっている人がいるかもしれませんが、生理周期が一定しない場合、ホルモンバランスが乱れている可能性が高く、生理中以外の時でも女性ホルモンの分泌量が低下することが原因で、夜に熟睡しにくくなり昼間に強い眠気が来ることがあります。生理周期が一定しないために分かりにくいかもしれませんが、生理中に生じることが多い眠気がホルモンバランスの乱れのために、生理前から症状が出て長く続くことがあると考えると理解しやすいかもしれません。
女性ホルモンの分泌量が低下しているために起こっている眠気の対策としては、女性ホルモンに似た働きをすると言われているイソフラボンがおすすめです。大豆製品に多く含まれているので、豆乳を飲んだり、きな粉や納豆、豆腐などを多く食べたりするように心がけることがおすすめです。また、夜間にぐっすりと眠ることができるように、ゆっくりとお風呂に入ったり、寝る前にリラックスできるような時間を取ることもおすすめです。