生理の症状はピルで解決
生理の症状はピルで解決

生理痛に漢方も効果的

このエントリーをはてなブックマークに追加

生理痛の女性イラスト多くの女性は毎月の生理に苦痛を感じている人も多いでしょう。特に生理痛がひどく、立つことすらままならない人にとっては仕事や用事などその日の予定にも影響が出てしまい、困ってしまいます。また会社によっては出社日数が評価やボーナスに影響してしまうため、生活にも困ってしまいます。通常、生理痛は苦痛を伴うものではなく生理中でも普通に生活できるものです。毎月、痛み止めが手放せないくらい酷い痛みに悩んでいる人は一度病院へ行き、検査を受けるべきです。年齢、出産経験を問わず検査は受けられますし、医者は様々な配慮をしてくださるので積極的に行っていただきたいところです。検査の結果、子宮筋腫や子宮内膜症などの病気が見つかる事もあります。
しかし、そのような病気が見つからない場合は、ピルを処方されることが多いです。しかし、ピルに抵抗がある人や、安全性を疑う人もいるでしょう。
安全に生理痛を和らげる薬として、漢方薬が有名です。ロキソニンやボルタレンといった痛み止めもありますが、これらは一時的に痛みを抑える効果しかなく、根本的な原因が改善されるわけではありません。さらに胃に負担がかかってしまうため、常用はあまり良くないでしょう。漢方薬は体質改善できるものもあり、体に優しいです。
薬代もそこまで高くないため、長い目で見れば良い薬です。そして、生理痛を和らげるには、普段の生活を見直すことも大切です。冷え性に悩んでいる人は、血流が滞り、子宮の痛みが増してしまいます。夏場でも冷房の強い室内にいる場合は、カーディガンやブランケットを使用し体を温めよう心がけるだけで痛みの度合いは変わってくるでしょう。