生理の症状はピルで解決
生理の症状はピルで解決

経口避妊薬とアフターピルの期限

このエントリーをはてなブックマークに追加

ピルのイラスト経口避妊薬は低用量ピルとも呼ばれ、排卵抑制をする避妊薬として使用されます。女性にとっては自分で自分の身体を守る確実な避妊方法として広く認知され、利用者も増えています。経口避妊薬は数あるピルのなかでも、副作用も少なく女性が安心して摂取のできる避妊薬です。低用量ピルを摂取していることで、妊娠しているのと同様なホルモンバランスを発生させ、子宮に入り込んだ精子の着床や排卵を抑制させるようにします。妊娠を望まない状況の女性に適している低用量のピルとして認知されています。
アフターピルは緊急避妊薬と呼ばれ、性行為後の24時間以内に服用すれば90%以上の確率での避妊が可能になってきます。避妊具の無い状態での性行為をしてしまった女性が望まない妊娠を防ぐためにアフターピルは広く使われています。アフターピルは通販で気軽に購入をすることができ、持ち運びやすい携帯性のため女性に広く愛用されています。
経口ピルにしてもアフターピルにしても保存状態に気をつければ、半年間は持つようになっています。期限が気になっている方は、購入時に保存方法を調べてから購入をするように心がけましょう。病院でピルを処方された場合には、別途シートに期限が記載されているはずです。医師の指示に従い期間内に消費するようにしましょう。経口ピルは避妊だけではなく、女性ホルモンの安定化も実施させ、生理周期を安定化させる効能もあります。緊急時のアフターピルばかりイメージする女性も多いですが、ホルモンバランスを整える意味で経口ピルを愛用する女性も確実に増えてきています。経口ピルもアフターピルも期限を意識して問題無い使用を心がけましょう。